» English
  • 診療について
  • 医局について
  • 医局員募集
  • 立峰会・ベイビーズ
  • ホーム
  • >
  • アレルギー・呼吸器グループ

研究グループ

アレルギー・呼吸器グループ

研究業績
著書

1) 足立雄一: アレルギーマーチを断つ ?ガイドライン準拠による拡大予防- 荒川浩一編. 大阪: 医薬ジャーナル; 2016. バイオマーカー(FeNOを含む)により喘息発症は予知できるか?; p101-6.

2) 足立雄一: 総合小児医療カンパニア 専門医が答えるアレルギー疾患 Q&A. 田原卓浩編. 東京: 中山書店; 2016. 小児の喘息でリモデリングは起こりますか?吸入ステロイドはリモデリング抑制に有効ですか?; p78-9.

3) 足立雄一: 今日の治療指針 2016年度版.山口徹, 北原光夫編. 東京: 医学書院; 2016. 小児のかぜ症候群.p1404-6.

4) 伊藤靖典: 総合小児医療カンパニア:専門医が答えるアレルギー疾患Q&A. 田原卓浩編. 東京: 中山書店; 2016. アナフィラキシーの診断と初期治療のポイントは?: p228-31.

5) 足立雄一. よくわかる子どもの喘鳴診療ガイド. 徳山研一編. 東京: 診断と治療社; 2015. 気道異物; p45-9.

6) 足立雄一. よくわかる子どもの喘鳴診療ガイド. 徳山研一編. 東京: 診断と治療社; 2015. 吸入療法; p111-7.

7) 足立雄一. よくわかる子どもの喘鳴診療ガイド. 徳山研一編. 東京: 診断と治療社; 2015. エキスパートアイズ:2週間前にピーナッツを食べてむせた子どもが発熱と喘鳴を発症した場合、すぐ専門病院に紹介すべきか?; p170.

8) 足立雄一. 今日の小児治療指針第16版. 大関武彦他編. 東京: 医学書院; 2015. 気管支喘息 発作の治療. p302-4.

9) 足立雄一. 34th 六甲カンファレンス 気管支喘息とその周辺 ?最近の話題-.足立 満他編. 東京: ライフサイエンス出版; 2015. 小児軽症喘息におけるICS間欠投与の是非:CONの立場から; p7-9.

10) 足立雄一. 「呼吸」エッセンシャルズエッセンシャルズ ?呼吸器疾患のピットフォール-.福地義之助, 橿原 高編. 東京: 一般社団法人 呼吸研究; 2015. 乳幼児喘息. p102-5.

11) 足立雄一. 今日の治療指針 2015年度版.山口 徹, 北原光夫編. 東京: 医学書院; 2015. 小児のかぜ症候群. p1288-9.

12) 板澤寿子, 足立雄一. 小児科臨床ピクシス⑤年代別アレルギー疾患への対応. 五十嵐隆、海老澤元宏編. 東京: 中山書店; 2015. 乳児喘息の長期管理; p110-3.

13) 板澤寿子. 今日の小児治療指針第16版. 大関武彦他編. 東京: 医学書院; 2015. 無気肺, 中葉症候群; p422-4.

14) 樋口 収, 足立雄一. 「呼吸」エッセンシャルズエッセンシャルズ ?呼吸器疾患のピットフォール-.福地義之助, 橿原 高編. 東京: 一般社団法人 呼吸研究; 2015. 小児における気道異物.p150-3.


原著

1) Yoshida K, Sasaki M, Adachi Y, Itazawa T, Odajima H, Saito H, Akasawa A. Factors associated with the severity of childhood rhinoconjunctivitis. Allergol Int. 2016 Apr; 65(2): 166-71.

2) Sato K, Sato Y, Nagao M, Shimojo N, Yoshihara S, Adachi Y, Kameda M, Terada A, Fujisawa T; Best ACT Investigators. Development and validation of asthma questionnaire for assessing and achieving best control in preschool-age children. Pediatr Allergy Immunol. 2016 May; 27(3): 307-12.

3) Kanatani KT, Hamazaki K, Inadera H, Sugimoto N, Shimizu A, Noma H, Onishi K, Takahashi Y, Itazawa T, Egawa M, Sato K, Go T, Ito I, Kurozawa Y, Konishi I, Adachi Y, Nakayama T; Japan Environment & Children's Study Group. Effect of desert dust exposure on allergic symptoms: A natural experiment in Japan. Ann Allergy Asthma Immunol. 2016 May; 116(5): 425-430.e7

4) Hosoki K, Itazawa T, Boldogh I, Sur S. Neutrophil recruitment by allergens contribute to allergic sensitization and allergic inflammation . Curr Opin Allergy Clin Immunol. 2016 Feb; 16(1): 45-50.

5) Hosoki K, Boldogh I, Aguilera-Aguirre L, Sun Q, Itazawa T, Hazra T, Brasier AR, Kurosky A, Sur S. Myeloid differentiation protein 2 facilitates pollen- and cat dander-induced innate and allergic airway inflammation. J Allergy Clin Immunol. 2016 May; 137(5): 1506-1513.e2.

6) Sasaki M, Yoshida K, Adachi Y, Furukawa M, Itazawa T, Odajima H, Saito H, Hide M, Akasawa A. Environmental factors associated with childhood eczema: Findings from a national web-based survey. Allergol Int. 2016 Oct; 65(4): 420-424.

7) Kimura M, Ito Y, Tokunaga F, Meguro T, Shimomura M, Morishita H, Seto S. Increased C-reactive protein and fever in Japanese infants with food protein-induced enterocolitis syndrome. Pediatr Int. 2016 Sep; 58(9): 826-30.

8) Sasaki M, Yoshida K, Adachi Y, Furukawa M, Itazawa T, Odajima H, Saito H, Akasawa A. Factors associated with asthma control in children: findings from a national web-based survey. Pediatr Allergy Immunol. 2014 Dec; 25(8): 804-9.

9) Kimura M, Meguro T, Ito Y, Tokunaga F, Hashiguchi A, Seto S. Close positive correlation between the lymphocyte response to hen ggg white and house dust mites in Infants with atopic dermatitis. Int Arch Allergy Immunol 2015. 166: 161-9.

10) Kanatani KT, Okumura M, Tohno S, Adachi Y, Sato K, Nakayama T. Indoor particle counts during Asian dust events under everyday conditions at an apartment in Japan. Environ Health Prev Med. 2014 Jan;19(1):81-8.

11) Kanatani KT, Adachi Y, Sugimoto N, Noma H, Onishi K, Hamazaki K, Takahashi Y, Ito I, Egawa M, Sato K, Go T, Kurozawa Y, Inadera H, Konishi I, Nakayama T. Birth cohort study on the effects of desert dust exposure on children’s health: protocol of an adjunct study of the Japan Environment & Children’s Study. BMJ Open 2014;4:e004863

12) Itazawa T, Adachi Y, Ito Y, Higuchi O, Mochizuki H, Shimojo N, Inoue T. Aerosol characteristics of admixture of budesonide inhalation suspension with a beta2-agonist, procaterol. Allergol Int. 2013 Mar;62(1):131-5.

13) Higuchi O, Adachi Y, Adachi YS, Taneichi H, Ichimaru T, Kawasaki K. Mothers' knowledge about foreign body aspiration in young children. Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2013 Jan;77(1):41-4.

14) Higuchi O, Adachi Y, Itazawa T, Ito Y, Yoshida K, Ohya Y, Odajima H, Akasawa A, Miyawaki T. Rhinitis has an association with asthma in school children. Am J Rhinol Allergy. 2013 Jan;27(1):e22-5.

15) Ito Y, Adachi Y, Yoshida K, Akasawa A. No association between serum vitamin D status and the prevalence of allergic diseases in Japanese children. Int Arch Allergy Immunol. 2013;160(2):218-20.

16) Adachi YS, Itazawa T, Okabe Y, Higuchi O, Ito Y, Adachi Y. A case of mite-ingestion-associated exercise- induced anaphylaxis mimicking wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis. Int Arch Allergy Immunol. 2013;162(2):181-3.


1) 和田拓也, 板澤寿子, 濱道美紀, 樋口 収, 伊藤靖典, 中林玄一, 岡部美恵, 足立陽子, 足立雄一. 小児アレルギー性鼻炎の重症度ならびに症状の程度の評価におけるvisual analog scaleの有用性. 小児アレルギー学会誌  2016 30: 642-50.

2) 伊藤靖典, 森下英明, 下村真毅, 徳永郁香, 目黒敬章, 瀬戸嗣郎, 木村光明.鶏卵アレルギー患者の負荷試験誘発症状に基づく階層別クラスター解析. 日本小児アレルギー学会誌 2015 29: 270-7.

3) 足立陽子, 岡部美恵, 板澤寿子, 伊藤靖典, 中林玄一, 淵澤竜也, 山元純子, 高尾 幹, 尾上洋一, 村上巧啓, 足立雄一.  保育施設における食物アレルギー児に対する食物除去対応の10年間の変化- 富山県における平成13年度と18年度調査との比較- 日本小児アレルギー学会誌 2014 28(5): 806-13.


総説

1) Katsunuma T, Adachi Y, Miura K, Teramoto T, Fujisawa T, Ohya Y, Futamura M, Imai T, Kondo N. Care of children with allergic diseases following major disasters. Pediatr Allergy Immunol. 2016 Jun; 27(4): 425.

2) 足立雄一. 環境と子どものアレルギー. 子どもの健康科学 2016 16(1): 7-11.

3) 足立雄一. アレルギー疾患のすべて:乳児期の喘息と喘鳴. 日本医師会雑誌 2016 June 145: S170-1.

4) 足立雄一. 私の治療 小児科 エビデンスに基づいた小児喘息の長期管理. アレルギーの臨床 2016 May 36(5): 473-5.

5) 足立雄一. 特集「小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき:気管支喘息とステロイド内服薬」. 小児科 2016 57(13):1092-3.

6) 足立雄一. 特集「小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき:気管支喘息と吸入ステロイド薬」. 小児科 2016 57(13):1590-1.

7) 足立雄一. トータルケアをめざすアレルギー診療:小児アレルギー疾患の特徴と注意点.日本内科学会雑誌 2016 105:1952-7.

8) 足立雄一. 特集「小児アレルギー疾患の新知識:序 子どものアレルギーはどんどん変化している」. アレルギー・免疫 2016 Mar 23(4): 483-6.

9) 中林玄一. インパルスオシロメトリー(IOS)の特徴と臨床応用. 日本小児呼吸器学会雑誌 2016 27: 58-62.

10) 伊藤靖典. 小児アレルギー疾患のフェノタイプ. アレルギー・免疫 2016 Mar 23(4): 494-501.

11) 足立雄一.Pro/Con 紙上討論 吸入ステロイド薬の間欠投与の是非について Conの立場から.喘息 2015 28(1): 88-90.

12) 足立雄一. 小児気管支喘息のフェノタイプと治療戦略. アレルギー・免疫 2015 22:1562-7.

13) 足立雄一. 小児気管支喘息ガイドライン(JPGL)の再評価と展望:海外のガイドラインからみたJPGLの再評価と展望. アレルギー・呼吸 2015 22:1088-96.

14) 足立雄一. 作用機序から考える薬物療法:喘息. 小児科 56(3): 279-84.

15) 足立雄一. 小児呼吸器疾患をあなどるな!:見直すべき薬剤(テオフィリン製剤、抗ヒスタミン薬) 小児科診療 2015 July 78(7): 953-8.

16) 足立雄一. フェノタイプ分類と早期介入. 日本小児呼吸器学会誌 2015 26(1): 116-9.

17) 足立雄一. 最近の小児気管支喘息診療 よりよいコントロールレベルを目指して.富山大学医学会誌 2015 25: 50-3.

18) 足立雄一, 樋口 収. 疾患からみる画像診断の進め方・読み方:気道異物.小児科診療(増) 2015 78:s111-5.

19) 足立雄一, 金谷久美子. 黄砂とアレルギー.アレルギーの臨床. 2015 35: 1043-6.

20) 板澤寿子. 喘息患児への吸入指導のポイント. 小児科 2015 July 56(7)1001-7.

21) 足立雄一, 藤澤隆夫. 災害時のこどものアレルギー疾患対応パンレット. 日本小児アレルギー学会誌 2014; 27(5):739-42.

22) 足立雄一. ICS間欠投与の是非. Conの立場から. 日本小児アレルギー学会誌 2014; 28(1):75-80.


pagetop